fxでサクッとお小遣い稼ぎ

皆さまに有益な情報をゆるく発信していきまーす!

買いか?売りじゃないか?

こんにちはluckyです。

 

相場の動きがイマイチ分からなくて悩んでいる人は多いかと思います、

そこで、今回、

 

相場の動きがイマイチ分からないに少しでも参考になればとおもい簡単に解説していきますね。

 

まずは、

目線を決めると分かりやすくなります。

そこで、

ダウ理論の基礎を覚えるといいですよ。

 

相場の動きはダウ理論で成り立っていると言っても過言ではありません。

ではどうやって目線を固定していくのか?

 

目線の固定の方法を今回伝授していきますね。

その方法ですが、

 

図を見たら分かりやすいので下の図をご覧ください。

 

f:id:lucky-fx:20210729000656p:plain

上昇トレンドがはっきりわかる波形です。

③高値も安値④も前回の①高値と②安値を切り上がっています。

このような波の動きを上昇トレンドと言います。

ダウ理論の定義は、高値安値を切らなくてはいけません。

 

高値安値を切らなければ上昇トレンドではありません。

では、切らなければ、

それはもみ合いになります。

レンジとも言いますね。

 

下降トレンドも同じ考え方です。

 

ダウ理論を使ってエントリーするポイントになるのはどこなのか?

さぁ。

どこが優位性があるのでしょうか?

 

何番でしょう?

チクタク

 

「そうです!」

 

ココです。

 

①の波ではないです。

 

②の波です。丁度ここが押し目になるポイントです。

 

①の波は、トレンド転換のサインにもなります。

この特徴は、勢いよく値幅が飛び上がる癖があるのでこの上昇が止まったら、

次は②の波で押し目が来るので待機して狙い澄ますのです。

 

いわゆるこのポイントがトレンドの初動の押し目となります。

初心者の方は覚えておいてください。

 

僕の過去のブログ記事を読んでいる方は分かると思いますが、

エントリーするポイントはほとんど押し目を狙いすましています。

 

いわゆるここが一番安全なゾーンなのです。

ここでさらに、リペイントなしエントリー矢印が出ればまた、さらに根拠あるエントリーになります。

欲を言えばリペイントなしエントリー矢印mtfの上位足のサインが出れば勢いがついて確信に変わるトレードとなり勝率も高いです。

バイナリーオプションをする際なども活用できます。

 

相場の動きを把握するには、

ボラを読み解く必要があります。

ボラが分かってくると

ダマシも回避できるのです。

 

今日はこのへんで、

次回の記事はでは、さらに深掘りして、

「ボラを読み解く力」

を教えていきますのでお楽しみに!

 

 

ココナラで絶賛発売中のlucky全教材ノウハウセットを今なら安価にしていますので、便利なアイテムを手に入れて一緒に勉強していきましょう。(^^♪

リペイントなしエントリー矢印も収録しています。FXorBOをマスターする道具は全て揃っています。

coconala.com