fxでサクッとお小遣い稼ぎ

皆さまに有益な情報をゆるく発信していきまーす!

トレンド発生と終わりを考える ダウ理論②

 

こんにちはluckyです。

 

 前回のダウ理論記事をまだ読んでいない人はコチラを先によんでね。

lucky-fx.hatenablog.com

 

 

前回の記事の引継ぎダウ理論になります。

今回で一旦ダウ理論の講義は終わりにしようかなぁって思います。

また機会があれば書きます。

それでは、ダウ理論②『トレンド発生と終わりを考える』

 

相場には当たり前ですが、

トレンドが発生するところと終わる所がある。

ダウ理論によく書いてある定義は、

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

ですね、

これってちゃんと説明できる人はいるのでしょうか?

ダウ理論の中で最も説明不足な主張なんですよね、僕はここで凄く時間がかかった

ダウさんはいったい明確な転換シグナルの発生を何を見ていたんだろうかと、、

ダウ理論だけではやはり何か物足りなさを凄く思っていたんですが、

 

僕がトレードを始めた頃このダウ理論はさっぱり分からなかったんですが、

専業トレーダーになってからはこの概念が最も重要な知識なんだと思ってます。

 

チャートを読み取る知識ではこれ以上のものはない。

 

ダウ理論のなかで最も僕が活用しているのは、。

高値安値切り上げ切り下げ

 

ですね。

僕が普段から重要視している事です。

 

僕の教材を持ってないと相場の方向などが分からないと思いますのでいいますが、

 

僕がやっている日足利用する別のロジックになりますが、

コチラも練習次第で勝てるようになります。

 

実は長い足にも有効なロジックダウ理論の転換は波形に最も有効な考え方です。

これを考慮していきます。

 

僕はこれにもう一つ組み合わせてます。

ダウ理論単体ではまだ相場の動きを極めることができないので、、

 

もう一つというのは、、、

 

 

 

次回のブロブ記事をお楽しみに。(`・ω・´)ゞ

 

 

ブログで学んでいける初心者教材は明日で期間SALE終了します。

coconala.com