fxでサクッとお小遣い稼ぎ

皆さまに有益な情報をゆるく発信していきまーす!

Twitterのつぶやき②

 


lucky-fx.hatenablog.com

lucky-fx.hatenablog.com

 

斜めの\に引いたラインは4時間足レベルからのラインです。

 

ラインを引いて上げるだけでもエントリーポイントが絞り込みやすくなってきます。

つまり大衆心理の意識が高まる所でもあります。

 

この4時間足レベルからみてもこの後に短期足で値幅が狙えるトレンドが来ることが予想することができるので待ち構えることができるのです。

 

(ここで大事なポイントは)

相場の原理原則からNを意識する事を忘れないようにすることです。

 

 

波の動きを完璧に把握する事は初心者の方は難しいとおもいますが、

上位足の波の切り替えたところを常に意識して短期足に落とし込んでみてください。

 

この練習で上級者になればどんな波でも狙いに行ける事ができるようになります。

波の動きが見えてくるのです。

 

 

あなたが成長曲線を上げていくのかが決まります。

次の問に答えてください。

 

あなたは波の動きを知りたいですか?

あなたは相場の未来の動きを知りたくないですか?

 

yesと答えた方は、

 

つぎの言葉の意味を理解して検証作業してみてください。

 

この未知なる相場の動きは「陰と陽のバランス」によって成り立っています。

 

つまり分かりやすく言えば、バランスが崩れる所はどこなのか?

 

この事を意識してチャートをいま一度みてください。

 

気づかされることがあると思います。

 

 

ノウハウセット教材に書いてますので、

ここであまり詳しくは書けませんが、

たとえば、一時間足に○○、4時間の○○が近いということまでも分かってきて簡単にトレンドに乗っていける事も安易にできるようになってきます。

 

 

また、次回も波に関してかいていこうと思います。

 

coconala.com

 

本日のusdjpyつぶやき

 

こんにちはluckyです。

 

 

Twitterのつぶやきから(^^♪

本日の有料級情報。

 

 

「エントリーポイントはここしかありませんから。」

 

っていうのを教えます。

 

何故ならば、

 

一時間足のチャートを見れば分かるようになってきます。

下の図を参照してください

f:id:lucky-fx:20210910184409p:plain

 

一時間足にラインを引くと分かってきます。

 

徐々にエントリーポイントを絞り込みます。

このラインだけで追い込みにかかります。

 

次は、15分足のレベルに落とし込んでいきましょう。

だんだんとどこで乗ればいいのか波が分かってくると思います。

では、

チャートを15分足に切り替えてみてください。

 

f:id:lucky-fx:20210910184959p:plain

①ここでどでかい壁ラスボスに食い止められてしまうという根拠で勢いがなくなり、

初動波を形成しました。

 

 

②ここでは第二波です。ここで確認するのが左に目をやることです。最後の売り勢力を

ここで抜けているのか確認です。

 

そして、

斜めの線を超えているという事は角度がついたという根拠もあります。

もう、、

ここでいえば、証拠が全て出そろったというとこですから、もうここでは、

確信を持ってエントリーポイントと言うべきところです。

 

世界のトレーダーが、

trendが転換したと認識されるところにもなります。

 

自分のトレードが忙しくなってきたので、、、(>_<)続きは、

 

あとで、また、夜に執筆します。

 

また、記事をアップデートしますのでとりあえずこのへんで、(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵相場スクープ⑥波のゾーンの特徴を知る

 

こんにちはluckyです。

これまでは波のゾーンがあるってことを教えてきましたね。

 

今回から一つ一つ丁寧におしえていきますので、

初心者の方もゆっくりなペースで進んでいくので頭に落とし込んでいってね。

この波のゾーンを知る事で、

トレンド発生するところが分かるようになってきます。

どこでエントリーをすればいいのかも分かってくると思います。

しっかりと覚えていきましょうね。(^^♪

 

僕の記事は

だいたい一分ぐらいで読み終わるようにしてるので。

さいごまで読んでね、

 

前回の復習を兼ねて

初動波ですね。

 

初動波はエリオット波動で言えば1波目です。

この1波目では入ってはいけません。

 

何故ならば、この初動波ではトレンドが発生したといえないからです。

間違えてもこのゾーンではエントリーはしないようにしてください。

 

 

次に追撃波です

初心者の方や経験のまだ浅いトレーダーにおすすめなのが

追撃波です。

勝てる可能性が最も高いゾーンです。

 

今日は超絶有料級です。

このゾーンを知るだけでも勝ち組にはいる事ができるくらい優位性があるゾーンです。

 

では、実際にチャートをみて追撃波をどうやって見つけるのか?

見つけるのは、簡単です。

 

みんなが知っている。

ダウ理論です。

 

ダウ理論の高値安値を更新を活用するのです。

チャートを使って説明します。

 

みんなが一番知りたいところ。

どこでトレンドが発生するのか?

 

わかりやすくいっちゃえば、

『世界中のトレーダーがトレンド発生したと認識するところが追撃波なのです。』

 

チャートをみてあきらかに上昇しているところ

ですが、単純に高値安値が切り上げたからといって飛び乗ってはいけません。

 

僕が普段から使っているダウ理論の分析方法は、

移動平均線を超えてから。

高値安値切り上げたかを考えていきます。

 

スイングトレードもそうです。

どの時間軸でもかわりありません。

 

ここはゆるぎない基準です。

したのチャートは15分足です。

リペイントなしエントリー矢印マルチタイムフレームは1時間足を設定してます。

f:id:lucky-fx:20210904165346p:plain

 

おわかりいただけただろうか?

 

どこからがトレンド発生しているのか?

リペイントなしエントリー矢印マルチタイムフレームを使う事で初心者の方でも優れているのがお分かりいただけると思います。

 

では、

 

答え合わせします。

 

f:id:lucky-fx:20210904165931p:plain

①🌙一時間足のリペイントなしエントリー矢印マルチタイムフレームサインが出ました。15分足チャートで上位足の一時間足トレンドサインが出ました!

 

このサインが出るという事は1時間足でトレンドが発生したところとなるのでこれから上昇することがわかるので余裕を持ってポジれるのです。

 

リアルタイムでチャートを一つの画面で把握できるのでとても便利です。

上位足の大きな波が分かってくると、どこからエントリーをすれば優位性があるか一目で分かるようになってきます。

 

インジ持っている人は設定を色々変えてみると新しい発見があったりしますよ。(^^)

 

この一時間足のトレンドが出るとかなり値幅が取れる波になるので、

 

サインが出ましたら、

移動平均線を超えて高値安値を更新してから押し目を狙っていきましょう。

 

トレンド発生の定義がぶれてしまうとどこでトレンド発生しているのか分からなくなります。

 

単純に高値安値だけで判断してしまうと間違えたポジションを持ってしまう事になります。

 

そもそも、相場は下がったり上がったりする性質があるのでしっかりとした、自分の分析をしっかり持って見極める必要があります。

 

その見極める為にもリペイントなしエントリー矢印マルチはかなり貴重な上位足の情報を運んできてくれる優れものなんです。

 

まとめ

簡単に言えば上位足のトレンドの方向が分からない人は、まずFXorバイナリーオプションでは勝てません。

リペイントなしエントリー矢印マルチを使う事によっていち早く相場の上位足のトレンドの方向を知り誰よりも早く波に乗る事もできるようになりますからね。

 

これがわかってくると、

上位足の方向性が大事なことに気づかされる人が多いと思います。

 

また、次回もしつこいように相場の波です。

少しずつ理解を深めるためには、じわじわと教えていきますので、(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

探偵相場スクープ⑤3つの波ゾーン

 

こんにちはluckyです。

 

最初から読みたい方はこちらからどうぞ☟

 

lucky-fx.hatenablog.com

 

 

 

今日でこの探偵相場スクープが五回目となりました。(^^♪

 

まだまだこれからが面白くなっていきますのでお付き合いください。

ココナラで

luckyのノウハウ豪華セットを購入された方ありがとうございます。

トークルーム閉じた後もいつでも分からない場合はお気軽にお問い合わせください。

できれば、

Twitterにダイレクトメッセージが返答早いと思います。

ココナラのペンネームも添えてメッセージをよろしくお願いします。

コッソリTwitterしてるので。こちらからどうぞ☟

twitter.com

 

 

早速いきましょう。

今日のテーマは、

【3つの波のゾーン】

  1. 初動波

  2. 追撃波

  3. 利食い

 

 

相場の動きでは波の動きのゾーンがあります。

では早速、実際のチャート図を使ってそれぞれの波の動きの特徴をみていくことにしましょう。

 

今日は初動波について深掘りしていきます。

 

前回もお話ししたとおり

このゾーンは誰にもまだわからないゾーンです。

 

まだ確定していない所です。

「下げている途中なのであがるとおもってもその後下がるかもしれません。」

 

まだ初動波の動きでは、

相場が反転したと判断しない事です。

 

ですが、見極める方法を今日は伝授したいと思います。

 

下の図は先程のエントリーしたドル円スキャルピングです。

f:id:lucky-fx:20210903000506p:plain

 

この図で説明していきます。

①まずは、🌙が出てますが🌙のエネルギがなくなってきました。

一発目の初動波が出てます、赤色のリペイントなしエントリー矢印がした方向に出てます。ここでは、まだ、誰にも分からないゾーンです。

f:id:lucky-fx:20210903001311p:plain

 

 

一発目の初動波が出てます、黄色で囲んでいて赤色のリペイントなしエントリー矢印が下方向に出てます。ここでは、まだ、誰にも分からないゾーンとなります。

 

ここでエントリーする人は自信がある人とギャンブルトレードする人です。

エリオット波で言えば1波目の所です。

 

狙うとすれば、

戻し売りをねらうことです。安全かつリペイントなしエントリー矢印が出ていればほぼそちらの方向に進んできます。

 

さらに、

今回僕がエントリーしたところは、自信から確信に変わったところです。

チャートには消してありますが、

 

僕が教えている壁を抜けてさらに、リペイントなしエントリー矢印MTFの設定は5分です。

上位足の勢いを感知してエントリーしています。

 

これを応用すればバイナリーオプションでも、高い勝率を維持できます。

一番勝てるとこですね。ぁ~

リペイントなしエントリー矢印mtfをお持ちの方にはわかるので、5分足で設定でチャートに反映してみてくださいね。

 

値幅の動きが伸びるところがまるわかりになるので、

あとはなぜここで伸びるのかなども次回解説していこうと思っています。

お楽しみに!

 

ではではこのへんで、

 

ゆっくりと進んでいきますので、初心者の方にも理解していただければと思いますので、

こんな感じでいきますのでついてきてね。

 

(^^♪

 

ほんじゃまた。

明日。

お疲れ様です。

 

 

ブログ記事で活用していく

luckyのノウハウ豪華セット只今ココナラで販売中。

coconala.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵相場スクープ④

こんにちはluckyです。

 

初めて読む人はコチラからどうぞ☟

 

lucky-fx.hatenablog.com

 

前回は高値安値の切り上げ切り下げが重要と教えてきましたね。

 

いきなりですが、あなたがいま相場の動きで悩んでいることは何ですか?

いつもおもうのですが、勝てるように維持するためには、正しい基礎をしっかりと身に付けないといけません。

単に勝ったり負けたりして理由もわからずに満足している人がいます。

 

それはそれでいいのですが、そのような人は決定的な弱点は、継続できないという事です。

つまり、3ヶ月や6か月がんばったとしても、3年も5年も10年も継続してトレードで安定して生活をする事はできません。

 

まえおきが長くなりましたが、

では、

本題に移りたいと思います。

 

世界中のトレーダーが一番意識しているポイントは一体どこなのか?

さぁ。

「一緒に根拠を見つける旅に出かけようじゃないか」

 

ってことで、

 

「早速出発!」

 

 

「最初に、どの時間足に行こうかなぁ」

 

まず、いまはどんな相場の動きをしているのか?

大局的に見てみよう。

【補足】

大局的にとは?

 

 

「日足の時間足に行こう」

 

 

チャートをしっかりとみると、事実としてしっかりと浮かび上がってきます。

 

 

相場の動きは、日足以上のトレンドがどのような波を形成しているのかを把握をして、現在の位置がトレンドの中のどこなのかがわかるようになったら、好きな波を自由自在に狙っていけることができるのです。

 

たとえば、スイングトレードを長く保有して一回1000ピプス以上狙うとするならば、

その大波トレンドの初期段階からポジを仕込むことで頭から尻尾までねらうことだってできるし、デイトレぐらいと考えてる人は、大波のトレンドから波を一部分を切り取るという事だってできるのだ。

大波のトレンドに乗った損小利大のトレードが実現することが安易にできるのです。

 

僕の教科書を勉強することで、

 

それこそ、

投資の格言で言えば、

「頭としっぽはくれてやれ」

 

っていうリスクを負わないっていう意味ですが、

 

それとは、逆に、

 

「頭からしっぽまで食べよう」

という最上級グレードトレーダーの神の領域まで目指していけることができます。

 

主な波の種類のトレンドは。

3つの波からなります。

 

大きな波の中に3つ波が入ってきます。

 

初動波=最初の波のことですがこの波はまだ相場に方向感がない時なので、多くのトレーダーは

「まだ、どっちに行くかわからないなぁ~」

っていう感じの相場です。

 

しかし、

一部の神の領域に入っているトレーダーは、

様々なチャート分析を駆使して、

売りの材料は出尽くしていて、ここが底だな。

っと判断をしてポジります。

 

このように、勘の鋭いトレーダーたちがだんだんと増えてきて買いが増す事で、

相場が上昇していくのです。

そして、

 

追撃波=押し目波とも言います、

押し目波は、高値と安値の更新が確認できてトレンドが発生しているため、初動の波では様子をみていたトレーダーたちが群がって買いを入れてくる場面です。

 

初動波から買い目線の神トレーダーたちも買い増しをしてくるのでここでは一気に上昇してくる場面が多いのです。

 

これが追撃波の特徴です。

 

そして、追撃波である程度上昇して次にやってくる波は、

初動波でポジションを持っていた神トレーダーの人達の利確です。

 

「そろそろ利確をしていこう」

と口をそろえて利益確定してくる段階ですが、

追撃波の人たちは、

ポジもってる期間が短いのでまだまだ上がるからと買いポジを入れてくる人がほとんどなのです。

 

だけど、初動の波ではやい段階でポジションをもっていた神トレーダーたちの利益確定をすることで、

相場はだんだんと上昇していく勢いがなくなってくるのが、

 

利食い波です。

利食いの波の動きの特徴は、

あきらかに横ばいのもみ合いがながくなり、そのまま、下落していきます。

 

【まとめ】

一連の波の動きはこんな感じです。

 

初動波=方向感がないけど、勢いがほとんどなく、チャート分析でも買い優勢

追撃波=上昇して高値安値更新やっぱり自信から確信に変わり参加者が増える

利食いの波=あきらかに横ばいになりもみ合いになりトレンド角度がほとんどなくなる

 

これらの一連の波の動きを実際にトレードで生かすためにはさらに値動きの特徴をしることが必要になってくるので、

次回の記事では、いよいよ。

一つずつ詳しく解説していくよ。(^^♪

この3つの波の動きをマスターする事でかなりスキルアップしていくのでお楽しみに。

 

 

coconala.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵相場スクープ③

こんにちはluckyです。

始めてブログ記事を見る方はこちらから読んでくださいね☟

 

lucky-fx.hatenablog.com

 

では、前回の記事では、

 

  1. 高値安値を更新

  2. Nを意識する

  3. 世界のトレーダーが大勢参加しているところ

 

をおしえてきました。

 

今回はさらにこの3つを理解を深めていきましょう。

 

  1. 高値安値を更新

必ず、高値安値を意識する。

めちゃくちゃ重要なので皆さんは今日はこれを重点的に詳しく解説していきますので

ついてきてね。

 

なぜ熱く語るのかというと、

一人でも多く相場の動きを理解して一人前になってもらいたいからです。

 

 

正しい相場のラインの引き方を伝授します。

教えたい事は他にもいろいろありますが、、

 

という事でしっかりついてきてくださいませ。

実際にチャートを使って説明をしたいと思います。

次のチャートはドル円の15分足です。

f:id:lucky-fx:20210827000130p:plain

 

①月を起点として考えよう。

②のここがトレンドが発生している1波目です。いわゆる初動ですね。

Nを描いて押し目を作る所ですね。ここでは上位足の一時間足のトレンドの転換が始まったところです。

 

③ここでいえば4時間足の押し目ですね。

 

そう考えるとどこに水平線を引けばいいのか分かってくると思います。

Nの形で水平線をブレイクアウトを狙い撃ちしていけばいいっていうのが分かってくると思います。

 

15分足の中でも上位足の勢いが入っているというのも分かるようになってきます。

 

応用となりますが、

僕がノウハウセット教科書の中にも教えている移動平均線を超えて押し目を付けてから

リペイントなしエントリー矢印も効率的にトレードができるようになります。

 

今日この辺で、

また続きは明日執筆して更新します。

 

お楽しみに。

 

(^^♪

 

 

 只今安価で教科書を提供してます。これからブログ記事と一緒に理解を深めていける教科書となってます。専業トレーダーのノウハウを詰め込んでいます。

ココナラで販売中。

coconala.com

 

 

 

 

 

 

 

探偵相場スクープ②

 

こんにちはluckyです。

 

前回の記事の続き。

えっ?

「前回の記事見てないの?」

そんな方はこちらからどうぞ☟

 

lucky-fx.hatenablog.com

 

 

では、まず、

最初に、犯人を追い込むために「チャートの波の動き」をイメージできるよになる事です。


じっと見ていてください。

高値、安値が上から下に、下から上に動いているのが分かると思います。

この波の動きを英語の形で言えばNです。

 

そうNこそが波の動きを捕らえるので意識してチャートをみていこう。

Nで、

波の動きが進んでいくのだ。

 

この切り返してるポイントこそが重要な高値、安値のポイントになるわけです。

この波の動きをあたまに入れたまま

波が切り返しているところにラインを引いて見るとこんな感じになります。

 

 

f:id:lucky-fx:20210825233638p:plain

上の波の下にラインを引いてますが、ここでエントリーポイントです。

直近の高値安値を更新しました。

ここでダウ理論の考えが方をするのです。

 

ダウ理論と言えば?

 

何でしょうか?

 

考えよう。

 

「そうです!」

 

「正解」

 

 

「高値安値を更新する事ですね」

 

安定して勝てるようになるには、

高値安値を更新したのを確認してからのエントリーです。

 

何故ならば、

 

世界中のトレーダーと足並みをそろえなければいけないからです。

大勢の人が買うところで買う。

大勢の人が売る時に売る

 

大多数の意見に背いたりしたらいけません。

 

それは、独りよがりのトレーダーとなります。

ダメなんです。

相場は、自分一人の力じゃぁ~動かないからです。

 

例えば、

綱引きも一緒ですね、

みんなの力を借りて引っ張って動いて勝ち負けがありますよね。

運動会のイラスト「綱引き・白組」

自分一人よがりのトレーダーは勝てるようにはなりません。

一人だけ間違っていては、

波に乗れませんからね、

 

例えば、

世界中のトレーダーが買いポジションを持っているのに一人だけ売りポジってるのと一緒だからね、

 

高値安値を更新してそこで止められたって分かるようになるのもトレーダーのスキルアップにもつながるので、覚えておいてくださいね。

 

僕の場合は

月の光を利用しています。

月のエネルギー=大衆

となります。

 

月が光ると大勢の人が群がっているイメージです。

 

踊るインド人達のイラスト

 

つまりこの🌙が勢いになるということなので
事実のリアルタイムのボラということになります。
ここまで来ると、もうお分かりかもしれないですが
「結論から言うと、大衆は多ければ多いほど値幅が、、」
なぜかと言うと、世界中のトレーダーが参加しているポイントに直結するからです。
世界中のトレーダーが参加しているから、そこで大量の注文が入り
その結果、値幅が取れる事象に繋がるわけです。

 

この🌙を利用すると、
世界中のトレーダーが意識しているポイントも分かるようになってきます。
先程言った通り、「参加人数が多い」という事実としてしっかりとチャート上に現れているということなんです。

 

今日は、このへんで、、

では、次回は、
押し目」を攻略していきましょう。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

★おまけ★

 

自分が描いたシナリオが

当たるも発見

当たらぬも発見

 

詩人lucky